予備自衛官雑事記

予備自衛官のあれやこれや

新型コロナと予備自衛官の諸々

※当記事は公開情報を元に支障のない範囲で記述しておりますが、もし問題がある個所がありましたら筆者まで一報頂ければ幸いです。また記事の内容は投稿日現在のものです。

 

 新型コロナによる緊急事態宣言が5月31日まで延期されました。新規感染者数は全国的に減少傾向であり、このまま事態が終息して緊急事態宣言が解除されれば予備自衛官等の訓練招集も再開されていくのではないかと思います。

 

 新型コロナで招集が無くなって、おまけに外出もままならず士気が下がっている方もいるかと思いますが、ものは考えようでこれを自己研鑽の機会と捉えて何か勉強を始めてみるのも手だと思います。

 

 社会人としてだけでなく、予備自衛官としてもスキルアップできる技能としては外国語(特に英語)が挙げられます。語学技能予備自衛官だけでなく即応予備自衛官や一般の予備自衛官としても外国語技能は絶対にプラスになる能力なので、簡単な日常会話レベルでも身に着けておけば損はしないと思います。また、本業でも仕事の幅が広がるのは間違いないでしょう。

 

 もし、英語を勉強する場合はモチベーション維持の観点からTOEICや英検などに挑戦することを目標にしてみても良いかもしれません(自衛隊では特にTOEICの点数が重視されるようです)。

 

 他にも例えば野外衛生に関して参考となる書籍等も出版されています。救急救命処置についても職種に関係なく全ての予備自衛官が身に着けておけば役立つ技能ですので勉強してみてはと思います。

 

イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-増補改訂版

 

※イラストは漫画っぽいですが元陸自の衛生隊員が書かれた硬派な内容の本です。

 

 衛生関係で興味を持たれた方は、現在は新型コロナの影響で中止されていますが消防や赤十字救急救命講習で技能習得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 ちなみに衛生関係ですが、東京都隊友会自衛隊のOB会)の有志が「東京都隊友救護赤十字奉仕団」という赤十字のボランティアグループを立ち上げ活動されています。

 

mva-redcrossvc.webnode.jp

 

 団員は退職自衛官予備自衛官から構成されており、現場主義・実践主義から曹士級隊員を中心に活動されているとの事。

 

 興味ある方はご覧になってみてください。